在日パラグアイ共和国大使館

ビザ

移民ビザについて(長期滞在、永住、パラグアイ人の配偶者ビザ等)

一般旅券保持者(PDF
⇒ パラグアイ移民局にて申請手続き

非移民ビザについて (観光、技術、商用ビザ等)

パラグアイへ入国する際、最短六か月のパスポートの有効期限が必要です。

I. 次の国籍を保有する者は、90日間までの短期間滞在の場合はビザは不要です。

アイスランド オランダ チェコ ベルギー
アイルランド カナダ チリ ペルー
アメリカ合衆国 韓国(30日間) デンマーク ホンジュラス
アラブ首長国連邦 キプロス トルコ ボリビア
アルゼンチン ギリシャ ドイツ ポーランド
アンドラ クロアチア ニカラグア ポルトガル
イギリス グアテマラ 日本 ** マルタ
イスラエル コスタリカ ニュージーランド 南アフリカ共和国
イタリア コロンビア ノルウェー メキシコ
ウクライナ シンガポール*(30日間) ハンガリー モナコ
ウルグアイ スイス パナマ ラトビア
エクアドル スウェーデン フィンランド リトアニア
エストニア スペイン フランス リヒテンシュタイン
エルサルバドル スロバキア ブラジル ルーマニア
オーストラリア スロベニア ブルガリア ルクセンブルク
オーストリア 台湾 ベネズエラ ロシア


*一般旅券保持者に適応されます。

** 一般旅券保持者のパラグアイ国籍の方が来日される際、ビザが必要です。

詳細はこちら

II. ロシア及び台湾国籍を保有する者は90日間、カタール国籍を保有する者は30日間までの滞在の場合は到着ビザの申請が可能です。

⇒ シルビオ・ペティロッシ国際空港(アスンシオン)にて申請手続き

必須条件

 

  • 有効パスポート
  • 領事手数料の支払い: ロシア:160 USD、台湾及びカタール:100USD

III. 上記に記載のない国籍を保有する者は、パラグアイへの渡航前にビザの入手が必要です。

⇒ 在日パラグアイ共和国大使館領事部にて申請手続き

必須条件

  • 居住地が日本ベトナム香港マカオブルネイラオスインドネシアのいずれかの国である。
  • ビザの受取りの際に来館する(外務相の特別許可があれば来館は不要)。

申請手順

1. 必要書類の郵送

  • 申請書
  • 申請書用の証明写真(3 x 4cm)
  • パスポート(顔写真・旅券番号記載ページ、他国のビザのページ)のカラーコピー。有効期間が6カ月以上で、余白が2ページ以上あること
  • 日本居住者の場合:在留カード(又は外国人登録証明書のコピー)
  • 日程表(ビザが許可されるまで航空券を購入されないことをお勧めします)
  • 銀行口座の残高証明書のコピー
  • 渡航用健康診断書
  • 商用ビザ申請の場合:現地の会社からの招待状

関係書類

  • 日本国外居住者の場合:居住国外務省で認証済みの無犯罪証明書(英語)
  • パラグアイ国内での旅程
  • パラグアイ居住市民から送られた招待状とその招待者のセドラ(パラグアイ政府発行IDカード)のコピー

2. ビザ用のデジタル写真の送付

  • メールフォームに写真をアップロードして送信する (写真に関する注意事項を確認する)。

備考

日本国外在住の方は全て(1及び2)お問い合わせフォームより送信下さい。

必要に応じて追加書類の提示を求める場合があります。

3. ビザの受取り

パラグアイ外務省でのビザ発行の許可が下り次第*、領事部からお知らせが届きます。その際、お電話で受取り・支払い日時を調整下さい。

* 全ての必要書類の受理日から約5~60日間。

VISA用写真メールフォーム

デジタル写真の基準

正しい写真の例:

  • 8メガ以上のデジタルカメラで撮影
  • 3か月以内に撮影したもの
  • 白の背景
  • 影がなく、鮮明であるもの(焦点が合っていること)
  • JPGファイル形式
  • サイズは1.5メガバイト以上
  • アスペクト比が4:3のもの
次回の

祝日

No event found!

パラグアイへ入国する際の新たな
入国制限措置

Vigente desde 24/10/2022

COVID-19 新型コロナウィルス

2022年10月24日をもって、02/06/22の入国制限措置は廃止され、パラグアイへの入国時に新型コロナワクチン接種証明書とPCR陰性証明書の提示は不要になります。

入国する旅行者の監視目的で、新型コロナワクチン接種状況について情報提供を求められますが、ワクチン接種をされていなくても入国に支障はあり

FIEBRE AMARILLA 黄熱病

ブラジル、ボリビア、ペルー、ベネズエラの危険地域から来る旅行者は、国籍を問わず、黄熱病の予防接種を受け、それを証明する国際予防接種証明書を持参する必要があります。

詳細につきましては、入国制限措置2022/10/21スペイン語版をご確認ください。