在日パラグアイ共和国大使館

パラグアイへ入国制限措置

更新 2022年10月24日

新型コロナウィルス

2022年10月24日をもって、02/06/22の入国制限措置は廃止され、パラグアイへの入国時に新型コロナワクチン接種証明書とPCR陰性証明書の提示は不要になります。

入国する旅行者の監視目的で、新型コロナワクチン接種状況について情報提供を求められますが、ワクチン接種をされていなくても入国に支障はありません。

黄熱病

ブラジル、ボリビア、ペルー、ベネズエラの危険地域から来る旅行者は、国籍を問わず、黄熱病の予防接種を受け、それを証明する国際予防接種証明書を持参する必要があります。

詳細につきましては、入国制限措置2022/10/21スペイン語版をご確認ください。

次回の

祝日

No event found!